きっと人生の糧になる!そんな知識を授けてくれる学校について

深く学ぶためにはスクール選びが大切です

家庭教師の仕事

家庭教師:勉強ができる生徒の場合

家庭教師のアルバイトをしたいと思った時には、家庭教師を派遣する会社に登録します。 その後、派遣会社から生徒を紹介してもらい、派遣先でもある生徒の自宅へ向かいます。 紹介してもらう際に、生徒の現在の学力がどの位なのかを教えてもらうことができます。 大半の派遣会社は、その生徒に見合った学力を有するアルバイト教師を派遣しますので、仮に自分が受け持った生徒が比較的勉強ができる生徒であっても、決してひるむことはありません。 そのような生徒は、もっと自分の学力を伸ばしたいために一生懸命勉強します。 生徒の自主性に任せて、克服したいと思っている教科をどんどんやらせてあげます。 あえて課題を与える必要はありません。 生徒が疑問に思っていることに関して、答えを導いてあげるだけで、自然と生徒の学力は向上するものです。

家庭教師:勉強が苦手な生徒の場合

家庭教師の中には、自分が登録している会社が販売している教材を用いて勉強を進めなければならない場合があります。 仮に、自分が受け持つことになった生徒が勉強が苦手だった場合、教材の内容を理解できない場合があります。 そのような時には、時間はかかりますが、じっくり生徒と向き合うことが一番です。 家庭教師の会社教材を進めるよりも、まずは学校の勉強を楽しくできるように、促してやることが先決です。 普段の学校のテストの成績が上がれば、生徒のご両親は「子供の学力が上がった」と満足します。 形として結果が出やすいのは、普段の学校の勉強です。 宿題でも何でも良いので、生徒がわからないところを答えまで導いてやることと続けていれば、自然と学力が付いてきます。 その後で、本来与えられた教材で問われている内容に関しても、理解することができるようになります。